園芸

禅ガーデンの屋外装飾トレンド

禅ガーデンの屋外装飾トレンド


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

瞑想と精神性の源である禅庭がトレンドです。植物と装飾、ここにあなたの庭を幸福と更新の空間にする方法があります。

発見する :

  • 日本庭園の作り方
  • 植物、トレンドは何ですか

装飾が豊富な和風

日本庭園は、ミニチュアで自然の風景を表現する傾向があります。植物と装飾が見事に調和し、落ち着きと調和のとれた外観を実現しています。

禅庭を成功させる秘訣は? 高貴な素材の装飾的な要素を選択してください! 木と石は装飾の2つの重要な要素であり、庭の魅力を失うプラスチックを忘れています。

精神的な装飾

熟考に捧げられた日本庭園には、仏教のシンボルがあります。 仏像は花壇の植物の間をすべります。 時々灰色、黒または白、それらはしばしば石または模倣にあります。

寺院のように、小道は庭のプライバシーを高める小さな提灯で照らされています。水橋とも呼ばれる水で掘られて満たされた岩もあり、手を飲んだり洗ったりするのに使われます。このタイプの装飾的な要素は、調和のとれた自然な場所を作成するサービスにおける仏教のインスピレーションを強調しています。

最後に、日本の有名な寺院である東京パゴダのミニチュアバージョンをインストールすることもできます。石で、それは本物の外観を保ち、苔によって穏やかに植民地化されます。

装飾用ボーダー

日本の庭では、すべてがその場所にあり、装飾はスペースを区切るのに役立ちます。 あなたの庭に禅のタッチを与えるために、あなたの花壇、あなたの小道とあなたのテラスの間に境界線を設置することを躊躇しないでください。

次に、玉ねぎの列に取り付けたら、希望の形を描く大きな小石を使用します。利点は、日本庭園の湾曲した不規則な形状に簡単に追従できることです。

同様に、あなたは竹に頼ることができます!杖を取り、20cmから30cmの間で同じ高さのいくつかの部分にそれを切ります。あなたはそれらを垂直に置く必要があります、 巨大な周囲に沿って整列 または通路。

ミネラルと植物の装飾

禅庭には石造りの要素がたくさん現れます。利点は、ほとんどメンテナンスフリーであるということです。

塊の中で、ボールボックスウッドと同じ形の石を組み合わせるのをためらわないでください。 彼らは植物から引き継ぎ、全体にボリュームを与えます。

適度に砂利を使用してください!次に、それらはミネラルマルチとして、または路地を形成するために配置されます。グレー、ホワイト、ブラック、またはカラーで、本物の装飾的なタッチになります。

盆地と噴水

水は、その渦の穏やかな音によって伝えられるこのなだめるような側面を持っているので、日本庭園にその場所を持っています。 噴水は小さな庭に最適な美しい装飾品です 盆地を掘る場所がない人。テラスの横に置いて、水の流れを眺めたり、雰囲気を演出したりできます。植物間のベッドに統合することも可能です。

カスケードに刻まれた石、デザイナーのウォータースライド、竹、ミニチュア寺院…誰にとっても何かがあります! 盆地は、熟考を促すため、禅庭の一般的な配置でもあります。 自然の滝壺を表すために、周囲の植物や岩でそれを飾ります。プールが十分に大きい場合は、屋外のZenの必需品である小さなポンツーンを追加します。最後に鯉と照明を追加すると、盆地はすぐに効果があります!ウォーターポイントを設置できずに装飾が好きな人は、装飾的で安価なのと同じように、乾いた川に頼ることができます。

装飾植物

ナインに身を包んだ禅庭の植物は、その色、葉、形で注目に値します...雲の剪定は、木の冠に小さな雲のシルエットを与えることからなる日本の芸術です。

この演習には、ホリー、イチイ、またはボックスウッドが理想的です。 日本のカエデとペアリング!手のひらまたは切り葉のあるこれらの小さな木は、秋に美しい銅色の色合いを示します。

最後に、庭の吸盤に侵されないように、トレースしないことを選択した竹を忘れないでください。そして、葉の中でざわめく風を聞くのはなんて楽しいことでしょう。


ビデオ: ガーデニング ガーデンアプローチ28年のキャリアを持つプロガーデナーが教えるナチュラルなガーデンアプローチの作り方 (かもしれません 2022).