柑橘類

鍋の中のレモンの木:それは実用的です!

鍋の中のレモンの木:それは実用的です!


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

鍋にレモンの木を入れると、家で柑橘類を育てるのに最適です。

要約すると、あなたが知る必要があること:

苗字 :シトラスリモン

高さ :1〜3 m
曝露 :晴れ
接地 :水はけが良い

: 持続的
開花 :3月から7月
収穫 :11月〜3月

  • 健康:レモンの利点と長所

私たちの地域のほとんどの気候は地面での成長には適していませんが、レモンの木を鍋に入れて成長させることはかなり可能です。

レモンの木を鍋に植え替える

植え替えから剪定までのメンテナンスは、病気の発症を防ぎながらレモンの収穫を改善します。

鉢植えのレモンの木は土から引き出すことができません 栄養素 彼が必要としている。それで、あなたが彼を連れてくるのは鍋と土からであり、彼は彼の埋蔵量と彼の食物を引き出すでしょう。

植え替えは重要です:

  • 実施されます 春に2〜3年ごと。
  • を選択してください 高品質の土壌 特別な柑橘類またはプランテーション。
  • 鍋の底が よく突き刺さる
  • 穴の底に小さな小石または粘土のボールのベッドを置いて、 優れた排水.

鍋で剪定するレモンの木

本当に剪定する必要はありませんが、剪定しないとレモンの木が成長します。
ポットでは、 その成長を制御する 定期的に剪定する

新しいシュートをそれぞれ約半分にカットします。必ず葉の真上でカットしてください。
これにより、レモンの木をコンパクトな形に保つこともできます。

  • あなたは年の間に数回介入しなければならないかもしれません。

移動しながら枯れ木を取り除き、オプションでレモンの木の内部を換気して光を回復します。

鍋にレモンの木に水をまく

鉢植えのレモンの木は地面にある場合よりもはるかに速く乾くので、水やりはさらに重要です。
夏には頻繁な水やりが必要ですが、冬には水やりの回数を減らす必要があります。

  • 土が乾いたらすぐに、鍋に水を入れずに水をやる必要があります。
  • ラジエーターの近くなどの熱源は避けてください。木が乾く可能性があります。

成長の時代には、特別な柑橘類の肥料 結実を改善するために15日ごとかそこら。

> また読むために:あなたのレモンの木によく水をまきなさい

冬の鍋にレモンの木

コンテナ文化がレモンの木に完全に適している場合、それはレモンの木を場所に置くことができるからでもあります 明るい そして彼がどこに フリーズしません。

レモンの木は家の植物ではないので、一年中暖房の効いた部屋にいることに耐えることができません。10月から5月までは新鮮さが必要です。

したがって、たとえば温度が0°を下回らないような非加熱の温室に置くことが重要です。

  • 屋内栽培によく耐える柑橘系の果物が必要な場合は、カラモンディンを選択してください。

レモンの収穫

収穫は通常11月から3月に行われます。

だからそれは霜なし 土地を維持します 少し湿っている レモンを成熟させるのが一番だと。

レモンが枝から簡単に外れるとすぐにレモンを選びます。

病気の鉢植えのレモンの木

屋外や地上のレモンの木と同様に、鉢植えのレモンの木は、蝸牛、アフィドなどの特定の寄生虫だけでなく、モニリオーシスなどの特定の真菌による攻撃を受けます。

  • Moniliosis:レモンはレモンの木で腐敗します
  • 蝸牛:白っぽい塊が葉に侵入します
  • Aphids:葉が丸くなり、最終的には落ちる

レモンが破裂したり裂けたりしたとき(写真のように)、それは水不足の兆候です。


柑橘系の果物についても読むには:

  • レモンの木の栽培


ビデオ: How Toレモンの木 かんきつ類の苗木の基本の植え方ファームハウスみどり (六月 2022).


コメント:

  1. Jefford

    それは私と一緒でした。この質問について説明しましょう。

  2. Anatolie

    似たようなものはありますか?

  3. Brodrik

    本当に奇妙です

  4. Kasen

    私はあなたが間違っていることを意味します。私は自分の立場を守ることができます。 PMで私に書いてください、私たちは議論します。



メッセージを書く