芝生、芝生

グラスロールを敷く

グラスロールを敷く


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

芝を巻いて置くことは、美しい芝生、美しい緑、そして雑草のないものをすぐに手に入れるための理想的な解決策です。

私たちのパートナーIDGREEN 芝生のロールを適切に配置するためのさまざまな手順を説明します。

土壌の準備

  • 種をまくように土を動かします。
  • 必要に応じて雑草。

土塊のない柔軟な土を得るために、回転式耕うん機で土を15/20 cm圧縮解除し、数回通過させます。

表面をすくい

完全に石で打つ必要はありません。ローラーが地球に接触するのを妨げる大きな石を取り除くだけです

貧しい土壌に修正(堆肥、肥料、泥炭)を追加する可能性があります。表面に放置しないでください。よく混ぜて、10 / 15CMcmの均質な土壌を作ります。

  • 芝生のローラーで地面を転がし、通路を横切るレーキで滑らかにして、通気された地面を取得します。
  • 土は緩すぎたり、固すぎたりしてはいけません。
  • あなたの土地は準備ができています。

難しいケース :非常に粘土質の土壌は、夏には非常に脱水状態になり(乾燥し、硬く、ひび割れます)、冬には水浸しになります。少なくとも15cmの土を交換するか(1つは支払いを行うか、もう1つはレベルが上がる)、または泥棒や砂などと混合する必要があります。

ロールソッドの購入と受け取り

注文は配達の数日前(3〜4日)に行われます。

草の選択は私たちのパートナーとの注文で行われますIDGREEN 地域、露出、土壌の種類によって異なります。

収穫は配達の朝の前日に行われます。より長い期間(保管または輸送は鮮度および品質と互換性がありません)

グラスロールは 配達日に展開。冬にインストールすると、遅延が長くなります(1。5日)

ロールは、家の前のパレット、通常は歩道で配達および荷降ろしされます。

パレットに水をやる必要があるかもしれません。

敷設

芝を敷く速度はおおよそです 1時間あたりおよび1人あたり25m2.

一度に1つずつではなく、すべてのパレットを同時にネットから削除せずに開始します。

(寄木細工のように)ずらして、ジョイントを重ねずにボードを端から端まで置きます。

まっすぐな端に寄りかかって最初の長さを開始します:家、ドライブウェイなど)

あなたの長さを完了するためにカットします。

リーチを使用して、1番目にしっかりと接着された2番目の長さを開始します。

陸側を歩く場合は、穴を残さず、踏みつけられた部分をかき集めてください。

芝生側を歩く場合(雨の場合に望ましい)、厚板の小道を使って体重を分散させます。

鋸歯状のキッチンナイフでカットします

ローラーを芝の上に転がして、土壌への付着を促進します。

設置中および毎日、ローラーの下で発根するまで恒久的な湿度を維持するために豊富な水を与えます。

発根グラスロール

完全な発根には、気象条件や水やりの強さにもよりますが、約12〜15日かかります。

この期間中は、走ったりジャンプしたりせずに芝生の上を歩くことができます。一方、この期間中は、サッカーなどのゲームを避ける必要があります。

芝生のロールに水をまく

ホースで水を扱わないでください

傾斜レール、ターンタイル、またはオプションがある場合は統合スプリンクラーを使用します

設置当日は水がたっぷり。熱の場合は、設置が進むにつれてふりかけます。

春に1日1〜2回15日間毎日水をまく

非常に暑い気候では、草の回復を促進するために、大量の水を伴う集中的な水やりが必要です。少なくとも1日3回です。

冬には、水やりは非常に穏やかです

芝の回復が成功するかどうかは、主に水やりにかかっています。

15日後、水やりは少しずつ減り、芝生は通常の芝生のように扱われます。

設置後の最初の刈り取りと肥料

草が根付いたら(産卵後10〜15日)、最初の刈り取りを行います。

別のベンチマーク:あなたがそれを撃つとき、草は抵抗しなければなりません

一度に葉の1/3以上を刈らないでください。それを超えると、草にストレスがかかり、黄色に変わることがあります。

48時間の間隔で、刈り取り高さを徐々に下げます。高さ3〜4cm。

草は、背が高くなることなく定期的に刈り取らなければなりません。

芝生の肥料で少なくとも年に3回(4月から6月と10月)施肥する

IDGREENバイオスティミュラントの販売:芝生にスプレーする

100%天然物。リワークやメンテナンスに使用できます

これが1週間後の芝ロールの結果です。

線が消え、草が完全に根付いて完璧な結果が得られます!


ビデオ: 人工芝のプロが暴露販売者が教えない本当の人工芝の耐久性について (六月 2022).


コメント:

  1. Madal

    私は今議論に参加することはできません - 自由時間はありません。私は戻ってきます - 私は間違いなく私の意見を表明します。

  2. Tarique

    私はあなたが正しい決断をするだろうと思います。

  3. Burney

    必要なもの。一緒に私たちは正しい答えに来ることができます。私は確信しています。

  4. Mezigrel

    ありがとう、私はこの記事が気に入りました

  5. Krejci

    これは取り出しませんでした。



メッセージを書く