園芸

あなたの植物を適切に越冬する方法

あなたの植物を適切に越冬する方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

あなたは1つに恋をしました ユーカリオレアンダーミモザレモン または1つ オリヴィエ ?寒い季節にこれらの植物を甘やかす方法は次のとおりです。

肌寒い植物は主に木や低木、そしていくつかの寝床植物です。購入するときは、ラベルを注意深く読んで、耐えられる温度を確認してください。寒すぎない地域では、いくつかの余分な「服」で満足するものもあれば、オランジェリーに入れる必要があるものもあります。

越冬植物:正しい行動

「冬は秋の準備をしています」と、Guide TerreVivanteの著者であるBrigitteLapouge-DéjeanとDenisPépinにアドバイスします-あなたの庭を開発して開花させます。寒い季節が来る前でも、10月から、自分で装備を始めましょう。それは、根、幹、葉を霜から守るために必要な機器を集めることです。

のために 地上の植物、ポットを厚いブランケットやバブルラップ、または厚い冬のカバーで包みます。別の可能性:ポットを地球に埋める!

のために 地上および地上の植物、足元にマルチを作成します。さまざまな素材から選択できます。ストロー、ピート、フラックスマルチ、プレーンツリーの革のような葉、 ホルムオーク またはからeléagnus、または針葉樹のシダや枝ですら。 「すでにすべての保水材を禁止します(...)。適切な材料は乾燥したままです」。これらの2人の専門家が設置についてアドバイスする内容は次のとおりです。「切り株の周りにいくつかの石または小石を置いて通気を形成します。上記の、換気の良い層にある約5cmの選択された材料。何よりも、タンピングしないでください。すべてをくさびで留めるために、4つの石で地面に固定された1つまたは2つの厚さの越冬帆の正方形を追加できます。さらに、「小さな低木を古いジュートやプラスチックの袋で覆ったり、ポリプロピレンで処理された抗UVの防寒ベールで覆ったり、単純な段ボール箱で覆ったりすることで、小さな低木を保護することも非常に簡単です。 '木片で満たされたパッケージング:最初に低木の枝を集めてそれらを結合し、全体を囲みます。切り株を忘れずに、わら、干し草、または葉で覆い、次にバッグをねじ込みます。適切なサイズにカットする冬用ベールのロールで植物を包みます。」

オランジェリー、ウィンターガーデン:最も壊れやすい

のようないくつかの大きな植物 ブーゲンビリア, バナナの木, 冬のオレアンダー, キンカン または abutilon 屋外での冬や、過熱した室内での季節には耐えられません。

ソリューション ? 10月中旬からオランジェリー、または涼しくて軽くて風通しの良いセラーにそれらを持ち込みます。屋外の植物と同様に、根を無傷に保つために水やりを最小限に制限します。

そして、気温が再び5°Cを超えたらすぐに、常に天候に注意しながら、小さな外出を提供するようにしてください。

越冬植物に関する注意事項

「雪は多年生植物などの特定の植物を保護します。致命的なのは霜と雪解けの交互であり、非常に風の強い露出です」とブリジット・ラプージュは説明します。ただし、「カタツムリやナメクジが保護の下に滑り込む可能性があるため、秋の早い時期に保護しないでください(…)。理想的には、地面が凍る直前に覆います。冬の間は、美しい日を利用して空気を抜き、すべてを振って水分を取り除きます。そして…春に、地面を暖めるためにできるだけ早く保護を外してください。」最後に、霜や凍結/解凍の突然の交互による亀裂を避けるために、若い木の幹を粘土で磨くこともできます

さらにアドバイスが必要な場合は、BrigitteLapouge-DéjeanとDenisPépinによる本、GuideTerreVivante-Aménageretfleurirsonjardin、Terre Vivante発行、35ユーロを参照してください。

クレア・レロン-レホアン


写真提供者:冬の保護1および2:©Hcast Fotolia Hiverscratchおよびwinterzip:©Nortene


ビデオ: 足立区議会での暴言が大炎上自民党白石正輝区議の同性愛が法律で守られるとなると区が滅ぶ発言の反響と抗議殺到謝罪に至る経緯について一般社団法人fairの松岡宗嗣代表理事にお話を伺います #ポリタ (かもしれません 2022).