園芸

レモンツリーフルーツ病変

レモンツリーフルーツ病変



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

血管萎lit病菌のレモンツリー果実病変 *プラズモパラビチコラ *は、死細胞がなく、生細胞がない典型的な病変を示します([@B14-PPJ-34-207])。初期の感染症では、真菌菌糸は血管束の遠位部分に細胞を定着させ、その後、細胞および他の血管に向かって移動します([@B9-PPJ-34-207]、[@B10-PPJ-34-207])。一般に、感染プロセスは3つの段階に分割されます([@B9-PPJ-34-207])。最初の段階は、宿主細胞の細胞間空間への真菌細胞壁の浸潤によって特徴付けられます。分岐ネットワーク構造を持つ菌糸は、集中的な移行を発達させ、示します。第2段階は、細胞壁の菌糸の集団の増加と細胞間空間の数の減少によって特徴付けられます。浸透し続ける菌糸も観察されます。最後の段階は、菌糸の分岐ネットワークの密度の減少、細胞間空間の増加、および宿主細胞壁の肥厚によって特徴付けられます。

1段階から第2段階への遷移、および第2段と第3段の間には、微小管によって調節されます([@B18-PPJ-34-207])。 *pの主要な菌糸の菌糸。ビチコラ*は[@B18-PPJ-34-207]によって観察されました。 *pの感染菌糸に整列した薄いネットワーク構造の微小管。第2段階のviticola*。これらのデータは、 *pの菌糸の成長を示しています。 viticola*は微小管によって導かれています。微小管は、有糸分裂の誘導と細胞性オルガネラと細胞内構造の形成に必要です([@B3-PPJ-34-207])。シャペロン支援微小管重合(CAMTP)による微小管の生成は、菌糸の成長に不可欠です。サブユニットCAMTPは、微小管のアセンブリ中にチューブリンと相互作用します([@B19-PPJ-34-207])。チューブリンは、T複合ポリペプチド1(COP1)およびチューブリンを含むチャペオニンのヘテロダイマー化を促進し、COP1およびp23をチューブリンに結合すると、チューブリンがチューブリンを開いた状態に変化させ、チューブリンダイマーをプロトフィラメントに変換するオープン状態に変化させます。 ([@B12-PPJ-34-207])。閉じた状態から開いた状態へのチューブリンのこの変換は、微小管アセンブリを引き起こします。これらの微小管は凝縮され、密なネットワークを開発し、感染の第2段階を開始します。 [@B15-PPJ-34-207]は、厚い細胞壁のキチンが *pの2番目と3番目の段階で分解されることを報告しました。 viticola*感染。したがって、キチンへの損傷と細胞壁の破壊との間には直接的な相関があります。

この研究では、 *pの毒性に対する微小管の効果。 viticola*が調査されました。 *pの毒性。 viticola*は、毒性関連遺伝子と宿主に対する菌糸の効果の観察を使用して評価されました。

材料および方法

=====================

真菌株、植物材料、およびメンテナンス

----------------------------------------------

*p。 Biticola* Race 2は、韓国* Plasmodiophora* Spore Collection、Korea Research of Bioscience and Biotechnology(KRIBB)から入手し、25°Cで5日間ポテトDextrose寒天(PDA)で栽培されました。 a *vitis vinifera *(l。) 'chardonnay'は *vに接ぎ木されました。 Vinifera*(L.) 'Cabernet Sauvignon' CV 'Bungeong' Lutstockが宿主プラントとして使用されました。ストックルートストックはヨンソン株式会社(韓国ソウル)から購入され、温室(6時間/24°C、18時間/18°C)で25°Cに維持されました。

生物学的材料と感染検査

----------------------------------------

*pの毒性に対する微小管の効果。 viticola*は、次の植物と材料を使用して評価されました。 *vからの葉。 Vinifera*(L.) 'Chardonnay'は、微小管の有無にかかわらず、接種後(DPI)4日、6日、8日間で収集されました。病原体は、[@B13-PPJ-34-207]で以前に記載されているように調製されました。微小管の調製のために、菌糸をPDAプレート上で25°Cで7日間栽培し、その後1.0 mコルヒチンを含む懸濁液に4時間移しました。 1.0 mのコルヒチン溶液を洗浄により除去した後、培養物をチューブで採取し、12,000 rpmで4°Cで10分間遠心分離して、菌糸画分を取得しました。菌糸は、前述のように3段階の手順によって精製されました([@B18-PPJ-34-207])。 3番目のステップは一度繰り返されました。真菌の病原性は、接種後12 DPIで葉の病変の数を数えることにより評価されました。病変のある葉の領域が選択されました